FC2ブログ

HAGAN

本日もから騒ぎ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魔法瓶で甘酒

22年度産の糀が手に入ったので、甘酒を作ることにした。もともと甘酒はあんまり好きじゃないのだが、
・からだにいいらしい。
・砂糖がわりに使える。
・パン用の天然酵母を作れる。
などなどの理由から、挑戦してみることにした。
調べてみると、いろいろな作り方があるらしいが、ポイントは温度のようだ。さっそく、仕事帰りに温度計を買う。
まずは手軽な作り方を試してみることに。炊飯器で作る方法が失敗せずいいみたいなのだが、節電したいので、パスした。

・うるち米:生糀を1:1
・お粥を炊く。ドロドロで、糀をまぜたらかたすぎ?と思ったが、翌朝液状になっていた。
・魔法瓶を保温しておく。
・お粥を冷まして70度をきったら、糀を混ぜて魔法瓶へ。発酵に酸素が必要なようなので、8分目までにした。
・そのまま10時間くらい保温。私は夜作って朝まで毛布にくるんでおいた。
10時間後に温度を測ったら、35度くらいだったので、昼に作って途中で加熱してもいいのかもしれない。
・出来上がった甘酒を、再度70度くらいまで加熱する。一部は取り分けて、パン種になるように水を加えた。

みんな適当だけど、なんとか成功!甘みはかなりあっさりで、これは温度管理のせいか、もち米じゃなくうるち米を使ったせいか…。しかし、糀さえあれば、残りご飯と魔法瓶で、寝ている間に甘酒ができるこの手法は、結構魅力的。少なくとも面倒なことが苦手な私にとっては。
ちなみに糀と米代を計算すると、だいたい300円で10杯分くらいかな。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/09(木) 09:08:25|
  2. Yの部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fumiw.blog79.fc2.com/tb.php/452-60d6a37a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。